#Recommend K-POP

#Recommend K-POP

独断と偏見によるK-POP楽曲紹介♥

『Red Flavor(빨간 맛)』#Red Velvet #레드벨벳

トロピカルな魅力が弾ける『Red Flavor』

今回ご紹介するのは、Red Velvetの「Red Flavor(빨간 맛)」です。2017年7月発売のミニアルバム「The Red Summer」に収録されています。また、2018年7月発売の日本デビューミニアルバム「#Cookie Jar」にも日本語版が収録予定です。

弾けるようなサビから始まる、エネルギッシュで疾走感溢れるサマーソング。フルーツが擬人化されたMVも面白いですよね。サビの細かくステップを踏むようなダンスも特徴的です。そんなトロピカルな魅力が弾ける「Red Flavor」の注目ポイントはこちら!

イメージカラーを活かした斬新なMV

今作のMVは、フルーツがふんだんに使われているのが印象的ですよね。冒頭のフルーツにインタビューしているような画はインパクト抜群です。実は、このインタビューでメンバーと向き合っているフルーツはメンバーのイメージカラーとリンクしており、それぞれの担当フルーツになっているんです。デビュー曲の「Happiness」ではメンバーが髪色をそれぞれのイメージカラーに染めていましたが、それ以降はイメージカラーを活かした演出というのはあまりありませんでしたよね。それが今作では担当フルーツとして活かされているんです。

また、MV中に何回か出てくるインタビュー画面、それぞれハングルでなんて書かれているのか気になりますよね。画面下のテロップに注目してほしいのですが、実は色んな言語の翻訳が流れており、その中に日本語訳もあるんです。 文字も小さく画面も一瞬で切り替わってしまうので一時停止しないと読めないのですが、冒頭の"小さい頃からそんなに甘くはなかったです。大きくなるにつれて中身もしっかりしてきて…"のように、それぞれのフルーツを擬人化したセンスが光るコメントの数々は必見です。

イカ担当のアイリーン

アイリーンはスイカ担当。イメージカラーはピンクですが、夏らしさを演出するのにぴったりなスイカを担当しています。インタビューでの"小さいときはこんなにしっかりしてなかったです"というコメントは、今ではグループのリーダーとしてみんなを引っ張るアイリーンにぴったりですね。

パイナップル担当のスルギ

スルギはパイナップル担当。イメージカラーはオレンジですが、こちらも夏が旬のパイナップルを担当しています。"ひとりでも平気で遊んでました。"というコメントは、マイペースなスルギらしい一言です。

オレンジ担当のウェンディ

ウェンディはオレンジ担当。イメージカラーがブルーのウェンディは、なぜかオレンジ担当。イメージカラーと関係ないかと思いきや、MVには果肉がブルーに染まったオレンジが出てきます。確かに、ブルーの果物ってあまり思い浮かばないですよね。オレンジは冬が旬のフルーツですが、果肉が真っ青になっているおかげで爽やかな夏らしさが出ています。"みかんとは仲良くなくて…小さいときにポンカンっていう子が転校してきたんですけど!"というコメントは、反日精神の現れなのでしょうか…。

キウイ担当のジョイ

ジョイはキウイ担当。イメージカラーの緑とリンクしています。夏が旬という訳ではありませんが、瑞々しくジューシーなキウイのイメージは夏にもよく似合っていますね。"小さいころはすごくイタズラ好きで。"というコメントは、イタズラっぽく笑うジョイの笑顔が目に浮かびます。

グレープ担当のイェリ

イェリはグレープ担当。イメージカラーのパープルにぴったりで、こちらも夏が旬のフルーツです。"ひょっとしてワインについて詳しいです?"というコメントは、イェリというよりはグレープのコメントですね。

繰り返し聴きたくなるパンチの効いた曲構成

イントロもアウトロもない、シンプル且つパンチの効いた曲構成。最初のサビからテンションMAXで、その後もアップテンポでサクサクと曲が展開していきます。Red Velvetの楽曲にしては珍しく途中にラップパートもあり、曲の疾走感に拍車をかけていますね。Cメロで少し息を整えた後、さらなる盛り上がりを見せながらサビに突入したかと思うと、最後は急ブレーキを踏むように一気にテンポを緩やかにして締め括られます。いきなり始まるサビもインパクト抜群ですし、急にしっとりする終り方もとても印象に残りますよね。特に終わりは、盛り上がりが最高潮に達しているところからの急降下になるので、曲自体はそんなに短くないものの、あれ?もう終わっちゃうの?というような寂しさがあって、ついつい何度もリピートしてしまいます。ワクワクと共に始まったと思ったらあっという間に終わってしまう、学生の夏休みのような曲構成ですね。

少人数ならではのコンパクトな振り付け

サビの細かくステップを踏むような振り付けをはじめ、コンパクトな振り付けが目立つ今作のダンス。振り自体が細かいのに加えて、一人ひとりが別々の動きをするシーンもあり、それでもごちゃごちゃして見えないのは各々のダンススキルが高いのはもちろんのこと、少人数グループだからこその強みだと思います。

フォーメーションに関しても、2番のAメロで歌っている各メンバーをスルギが渡り歩くようなフォーメーションや、Bメロの5人全員が腕を組んで歩くようなフォーメーション、一列に並んだメンバーが残像のように連なるフォーメーション、ラップパートのアイリーンがメンバーに寄りかかるようなフォーメーションなど、少人数だからこそ映えるフォーメーションが盛り沢山です。大人数でもこういったフォーメーションが出来ないことはないですが、やはり待機メンバーが出てしまったり、ユニットごとに別れてしまったりして、グループの一体感という部分では敵いません。少人数グループの良さも再確認できるような振り付けになっています。

おまけ

日本デビューミニアルバム「#Cookie Jar」に日本語版が収録予定の「Red Flavor」ですが、先日、ついにそのアルバムのタイトル曲となる「#Cookie Jar」のMVが公開されました。

ビジュアルイメージの雰囲気から、日本向けに可愛いに全振りするようなコンセプトだったらどうしよう…と思っていたのですが、曲調もMVもしっかりとRed Velvetらしさが感じられる世界観になっていて安心しました。直近の「Bad Boy」や「Peek-A-Boo(피카부)」で見せた大人でダークなイメージではないものの、同じく日本語版が収録予定の「Russian Roulette」の頃のような、可愛らしさの中に毒が光るイメージに仕上がっています。全体的な色使いや、MV後半のケーキに異物が入っていたりクッキーに蟻が這っている演出などは、まさに「Russian Roulette」の世界観に繋がるものを感じます。今後、これを歌って踊るRed Velvetを日本のテレビ番組で観られる日も近いのでしょうか。今後のRed Velvetの日本での活躍にも、ぜひ注目してみてください!