#Recommend K-POP

#Recommend K-POP

独断と偏見によるK-POP楽曲紹介♥

『Russian Roulette(러시안 룰렛)』#Red Velvet #레드벨벳

キャッチーなメロディーに心踊る『Russian Roulette』

今回ご紹介するのは、Red Velvetの「Russian Roulette(러시안 룰렛)」です。2016年9月発売のミニアルバム「Russian Roulette」に収録されています。また、2018年7月発売の日本デビューミニアルバム「#Cookie Jar」にも日本語版が収録予定です。

思わず口ずさみたくなるポップなフレーズに、可愛くもキレキレのカッコいいダンス。 MVの独特な世界観も話題になりましたよね。そんなキャッチーなメロディーに心踊る「Russian Roulette」の注目ポイントはこちら!

語感を意識した耳に残るフレーズ

今作はメロディーもサウンドもダンスも、共通してビート感を意識して作られているように思います。メロディーに関しては、Aメロの”H-H-Hush”“P-P-Push”やサビの“Heart-B-B-Beat”“Heart-B-B-B-Beat”など、音の響きを活かしたフレーズが印象的ですよね。曲作りの方法に関してはよく分かりませんが、恐らく曲先行で歌詞を後乗せする形で作られており、ビート感のあるオケを活かすために作詞の段階から、かなり語感を意識してメロディーが作られたのではないかと思います。狙い通り、思わず口ずさみたくなるようなキャッチーなメロディーに仕上がっていますね。

曲のアクセントとなる多彩な電子音

イントロ → Aメロ → Bメロと、パートごとに異なる電子音が散りばめられているこの楽曲。一言で電子音と言っても様々なタイプがありますが、今作はバキバキの攻撃的なサウンドではなく、全体的に丸みを帯びた可愛らしいサウンドが使われています。

イントロやアウトロでは、高めに響く和音に加えて、走り抜けるような単音のピコピコサウンドが特徴的。和音に関してはAメロ・サビ・アウトロと共通して使われていますが、イントロだけベースの音が入っていないので、響きが他とはちょっと違って聞こえますね。また、サビとAメロに関しても、Aメロの方が他の音飾が少ないので、より重低音が強めで厚みのあるサウンドに聞こえます。Bメロ・Cメロは趣向を変えた、テンポ感のある軽めのタッチのサウンドが心地いいですね。

その他にも随所に特徴的な効果音が使われており、イントロの“La la la la~”の部分や、Cメロからラスサビに入る部分では、声にエフェクトをかけて声も効果音の一つとして曲にアクセントを加えています。メロディーとサウンドが一体となって曲を盛り上げていますね。

 可愛くも難易度の高いダンス

今作のダンスは、サビの“Heart-B-B-Beat”に合わせて胸を叩く振りや、間奏の“La la la la~”に合わせて腕をグルグルする振りなど可愛らしく分かりやすい振りもありますが、それ以外の部分に関しては基本的に難易度は高めだと思います。

リズムに合わせて細かく振りが付けられているので、表だけでなく裏拍もしっかり取ってかっちりリズムにハメていかないと、動きにメリハリが出ずカッコがつきません。大所帯のグループではないためフォーメーションだけで魅せるというのが難しく、基本的に曲中ずっと休むヒマなく踊り続けながらフォーメーションチェンジもこなし、もちろん歌も歌わなければならないので、スタミナもかなり消耗します。アウトロの疲れているところに体全体を使うようなダイナミックな振りが付けられていたりと、構成もなかなかハードです。これをメンバー全員がサラッとこなしているのが、Red Velvetのレベルの高さを物語っていますね。

これは余談ですが、Red Velvetの中でダンスと言えばスルギのイメージが強いですが、個人的にダンスのキレに関してはアイリーンも負けていないと思います。

一つひとつの動作がしっかりリズムにハマっており、仕草が綺麗で緩急の付け方も上手いので、動きにメリハリがあります。背が低く華奢なので、背が高く手足も長いスルギと並ぶとどうしても小ぢんまりと見えてしまいますが、しっかりと体全体を使って踊っていて、基礎がしっかりしている印象です。ニコニコ楽しそうに踊るスルギと、ストイックにキリッと踊るアイリーン、表情にも個性が出ていて面白いですね。

おまけ

韓国企業評判研究所のガールズグループブランド評判で1位を獲得したり、米ビルボードワールドアルバムチャートでK-POP歌手最多1位の記録を打ち立てたりと、韓国内はもちろん国外でも注目を浴びるRed Velvetですが、日本でもついに2018年7月「#Cookie Jar」でデビューが決まりました。

ファンにとっては待望の日本上陸ですね。個人的には、日本デビューして日本向けに作られた楽曲は、かなり日本向けにアレンジされた可愛らしさが前面に押し出されたものが多くてあまり好きではありません。本来のK-POPならではのカッコよさだったり洗練された雰囲気が薄れてしまって、すごくもったいないと思います。Red Velvetには、日本でもその個性を貫いて、可愛いだけではないK-POPの魅力を存分に発揮して欲しいです。日本でのRed Velvetの活動がどんなものになるのか、みなさんも注目してみてください!